Just another WordPress site

車検マニア

車検は自動車に乗っているならば必ず受けなければいけない義務があります。もし車検を受けずに、車検切れの状態で公道を走ってしまうと行政処分や刑事処分などになります。

基本的に車検は公道を走っても大丈夫な状態であるか、を確認する為のものです。

運転をしているとライトが切れてしまっている場合やブレーキランプが切れている場合でも分かりません。

また、その状態で走行していると接触事故などに繋がる可能性も高くなる事から、国では一定の年数毎に車検を受ける義務を設けています。車検にかかる費用は軽自動車や普通車などによって異なます。

車検にかかる費用の内約は、主に法定費用と車検基本費用そして部品交換費の3つになります。

法的費用とは、自動車重量税と自賠責保険、印紙代の事を言います。

車検基本費用とは、定期点検料や測定検査料、代行手数料を指します。

そして3つ目の部品交換費は、タイヤやライトなどの消耗品などに対して、検査の結果、交換が必要な場合に発生する料金です。

基本的に車検基本料と法定費用は車検を受ける際に、必ず発生します。

ここで注意しなければいけないのが、この法的費用と車検基本費用は法定費用になる為、どこで車検を受けても料金は変わりません。

車検の料金で異なるのは、部品交換費になります。この事から車検をできる限り安く済ませたい場合には、この部品交換費をどれだけ安くできるかが重要になります。

車検は様々な所で受ける事ができます。

ディーラー車検とは、自動車を購入した店舗、もしくは所有する自動車メーカーのディーラーで受ける車検の事です。こちらは、その車種に関してのプロが点検を行うので安心できますが、部品交換の際に整備料などが、少し高めの金額に設定されています。

その為、車検費用は高くなりますが、安心して専門のプロに任せる事ができます。次に車検専門のフランチャイズで車検を受ける場合は、スピーディー上、部品交換費などがリーズナブルです。

しかし、車検に最低限必要な項目のみしか、点検を行わないので必要最低限の費用で抑えたい場合にはこちらにしましょう。

カー用品店では、部品などがセールなどで安くなっている事もあり、車検を受ける期間やタイミングによって費用を抑える事ができます。しかし、基本的に外車の車検を行っていない店舗が多いので外車の場合は、ディーラー車検で受ける事をおすすめします。

この様に車検にかかる費用は部品代によって決まるので、どの様な車検を受けるのか事前に決めておいてから依頼を出しましょう。

おすすめあのが楽天車検です。基本料金が安いのが特徴です。楽天車検の評判はここでわかりますよ。

投稿日:

Copyright© 車検マニア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.